いろは写経

「いろは歌」をご存知ですか。

日本語の母音を一文字ずつ用いた今様の歌は、実は仏教の教えに基づいたものなのです。喜光寺では、かな文字の「いろは歌」を書写していただく「いろは写経」をおすすめしております。かな文字なので、お子さまから大人の方まで、お気軽に書写していただけます。

「いろは写経」とは

iroha_0123

「いろは写経」は、いろは歌を中心とした200文字たらずのお写経です。かな文字が多いので、お子様でも写しやすく、また単純なだけに心が文字に写し出されるお写経です。
喜光寺では、いつでもお写経していただけるようお写経道場を完備しています。また、ご自宅でお写しいただくことも可能です。返送用の封筒を用意しておりますので、書写されたお写経は喜光寺にお送りいただけます。ご家族みなさまでお写経いただくことは、豊かな心を育む機縁となり、心を調える鍛錬にもなります。
お納めいただいたお写経は、南大門に永代にお祀りし、ご納経料(2,000円)は、喜光寺の復興にあてさせていただいております。

いろは写経
●納経料:2,000円(拝観料をふくむ)
●所要時間:約30~40分程度
●喜光寺でお写経された場合、お写経のあとでお抹茶をさしあげます。

青春いろは写経体験(青少年対象)

iroha_kodomo_0123

喜光寺では、「いろは写経」を青少年の心の鍛錬としてお写しいただいております。かな文字が中心なので、子どもたちでも写しやすいお写経です。平仮名のもととなった万葉仮名もお写しいただくので、国語教育の一環としても有効です。約50席のお写経道場がありますので、団体での体験も可能です。
また、学校での体験もおすすめしており、希望の学校には僧侶がお写経の指導にうかがいます。ぜひ修学旅行の事前研修などに活用ください。(※交通費等がかかります)

青春いろは写経体験(小・中・高校生対象)
●納経料:1,000円(拝観料をふくむ)
●所要時間:60~90分(解説などをふくむ)
※席数の都合上、かならず事前にご相談ください。

「いろは歌」の教え

「いろは歌」は、実は仏教の教えを説いた「施身聞偈(せしんもんげ)」という詩をときほぐしてうたったものなのです。

『涅槃経』には、釈尊の前世譚として羅刹(鬼)に我が身を施して、この偈を聞くことを望んだという故事から、施身聞偈とよばれています。この施身聞偈を、「いろは歌」では次のようにあらわしています。

諸行無常 → 色は匂えど散りぬるを(美しい色の花もいずれは散ってしまう)
是生滅法 → 我が世誰ぞ常ならん(誰か永遠である者はいるだろうか)
生滅滅已 → 有為の奥山今日越えて(深い迷いの山を今日こそ越えて)
寂滅為楽 → 浅き夢見じ酔いもせず(浅はかな夢に迷わず酔いにはひたるまい)

私たちは、無常の世間にありながら「自分は大丈夫、愛するものも変わらない」と誤認しながら過ごしています。しかし、この世に無常でないものなどありません。だからこそ、その迷いをふりはらって、今日を懸命に生きていきましょうという教えが「いろは歌」の教えなのです。

ご自宅でお写経を

「いろは写経」はご自宅でも書写していただけます。(青春いろは写経は除く)
下記の方法でお申し込みいただくとご自宅にお届けいたします。書写いただいたお写経は、同封の返信用封筒にて喜光寺にお送りください。
ぜひ、ご家庭で心静まるひとときを。

オーダーフォームでの申込み
こちらのオーダーフォームからお申込みください。折り返しお振込み金額をメールにてご連絡致します。
その後代金を下記口座にお振込みください。(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)
確認の上、発送させて頂きます。

お電話、FAXでの申込み
お電話またはFAXでのお申し込みの場合は、
●お名前
●ご住所
●電話番号・FAX番号
●お求めになるお写経の巻数
をお電話またはFAXにてお知らせ下さい。折り返しお振込み金額をご連絡致します。
その後代金を下記口座にお振込みください。(恐れ入りますが振込手数料はご負担ください)
確認の上、発送させて頂きます。

[お申込先]
TEL 0742-45-4630・FAX 0742-81-7114

[お振込先]
・ゆうちょ銀行から送金の場合
 記号・番号 01070-8-75305
・その他の金融機関からお振込みの場合
 ゆうちょ銀行 (コード9900)
 一〇九(イチゼロキュー)支店 (店番109)
 当座 0075305
 口座名義:キコウジケイダイフッコウギョウキボサツイトクケンショウカイ(喜光寺境内復興行基菩薩遺徳顕彰会)

[お写経] >ぬり絵いろは写経 >胎内写経

PAGE TOP